講師紹介

土屋総研 特別研究員 浅野 史郎

浅野 史郎

地方自治と福祉・CSR論

1948年仙台市出身。東京大学法学部卒業後、厚生省(現厚生労働省)入省。障害福祉課長などを経て退官。1993年11月宮城県知事に当選。3期12年務める。2006年慶応大学総合政策学部教授、2013年4月-2021年3月神奈川大学特別招聘教授

講師歴

2019年11月 「やまゆり園事件と障害者の人権」埼玉人権フォーラム
2019年11月 「みんなで支える地域福祉」 盛岡市社会福祉協議会
2019年10月 「ATLとの闘病」 日本ウイルス学会記念講演
2019年06月 「重度障害者の生活について」 ありのまま舎
2019年01月 「誰もが暮らしやすい社会」 横浜市中山地域ケアプラザ
著書・メディア 「明日の障害福祉のために〜優生思想を乗り越えて」ぶどう社、2018 他多数

講演テーマ

「重度障害者の自立生活のために」

「優生思想と障害者の尊厳」

「重度訪問介護事業の意義」

対象者:障害当事者、その家族/介護従事者/自治体職員/学者・研究者

 


依頼はこちら