講師紹介

土屋総研 所長 古本聡

土屋総研所長 古本聡

古本 聡

優生思想とその歴史

土屋総研 所長 株式会社土屋 取締役 兼 CCO(最高文化責任者)脳性麻痺による四肢障害。車いすユーザー。旧ソ連で約10年間生活。内幼少期5年間を現地の障害児収容施設で過ごす。早稲田大学商学部卒。18~24歳の間、障害者運動に加わり、障害者自立生活のサポート役としてボランティア、介助者の勧誘・コーディネートを行う。大学卒業後、翻訳会社を設立、2019年まで運営。 2016年より介護従事者向け講座、学習会・研修会等の講師を担当。

講師・出演歴

2021年11月 ぼうさいこくたい2021
特定非営利活動法人東京いのちのポータルサイト
2021年8月 第9回首都防災ウィーク
みらクルTV(オンライン配信)
20XX年00月 ○○○にて○○○
20XX年00月 ○○○にて○○○
20XX年00月 ○○○にて○○○
著書・メディア UNDER CONSTRUCTION

講演テーマ

「優生思想史(古代ギリシャ~現代)」

「19世紀中ごろにおける社会ダーウィニズムとしての優生思想の広がり」

「旧ソ連および現代ロシアにおける障害者(児)の状況」

「社会主義国・共産主義国における優生思想」

「スターリンによる粛清までの帝政ロシアおよびソビエト・ロシアにおける障害学」

「一平会員から見た「青い芝の会」とは」

「日本の優生思想~歴史的観点から」

対象者:研究者・学者/障害者団体/当事者、その家族

 


依頼はこちら