コンサル

コンサルティング事業とは

コンサルイメージ

土屋総研では福祉サービスを利用する方の地域生活を維持することを目的とし、共に地域を支える同業者へのノウハウ・調査の共有、コンサルティング等を行っています。

  • 経営が苦しくて何とかしたい。
  • 資金繰りが厳しい。
  • 人材が確保できない。
  • 事業を辞めたいけれど、辞めてしまったらご利用者の生活はどうなってしまうのだろうか? etc

このようなお悩みをお持ちの経営者の方も多く、土屋総研ではこれまでも多くのご相談をいただいています。

福祉サービス事業を経営する方々の中には、最期まで誰にも相談できず、自身の背負う責任感から自身の財産も全て事業につぎ込んでしまい、どうにもならなくなってから法的な整理手続きを取られる方も多く見受けられます。

土屋総研では

  1. 何よりも福祉サービスを利用するご利用者の地域生活を維持することが第一の目的
  2. 第二に、共に日本の福祉ネットワークを支える同業者の維持、発展、及びもしも事業を辞めるとしてもハッピーリタイアとなるように支援することを目的としてコンサルティング事業を展開しています。

事業の立て直し、人材獲得戦略の策定、ガバナンス体制の構築、金融機関向けの事業計画の作成、事業の拡大、買取、譲渡、承継、閉鎖、等どのようなお悩みでも結構ですので、まずはお気軽にご相談をいただければ幸いです。